■ エアフィルタ試験方法

エアフィルタの試験方法は対象フィルタの種類・目的によって3種類があります。意味のある正しい性能評価を行うためには的確な試験方法を選ぶ事が大切です。

1:重量法 捕集した塵埃の重量を測定して効率を計算します。
大きなごみを捕集するプレフィルタ等の測定に使われます。
AFIやJISの規格が使われます。
2:比色法 フィルタの上流と下流からサンプリングした空気をろ紙に通過させその汚れの変化を色の濃淡で比較する測定方法です。中性能フィルタの試験に使われます。
ASHRAEやJISの規格が使われます。
3:計数法 測定する塵埃はダストカウンターを使用して計数します。
非常に微細なエアロゾル粒子を捕集するHEPA、ULPA等を対象にします。
試験用粒子はDOP,PAOなどのスモークを使います。

■ 性能試験装置 【性能試験装置準拠JIS規格 B9908、Z4812、B9927】


性能試験装置

↑画像をクリックすると性能試験装置の詳細が表示されます。

image ファイルのバージョンについて
PDF形式 Adobe Acrobat Reader5.0
  PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe社のAdobe Acrobat Reader 5.0以上が必要です。同ソフトをお持ちでない方は、左の「Includes Acrobat Reader」のアイコンをクリックしてソフトをダウンロードして下さい。
Adobe、Adobe Acrobat Reader、Acrobat Readerは、Adobe Systens Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。
エアフィルタに関する電話でのご相談は 04-2969-5220まで。
エアプロダクツ株式会社
About Us | Privacy Policy | Contact Us | ©2006 Air Products LTD. All rights reserved.